読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ときめき、さきわう、

その日のときめき、その日のうちに。アニメ・漫画中心感想ブログ。

暗殺教室(18) 感想

 

ひゃああああああああああああああ
やばい、烏間超カッコいい…(悲鳴

 

暗殺教室 18 (ジャンプコミックス)

暗殺教室 18 (ジャンプコミックス)

 

 

完結に向けて箸休め的なお話でしたね。

宇宙に出かけていったのでしばらく宇宙パートなのかなーと思ったら…。

こちらについては割とあっさりと片付きまして、18巻の中心はバレンタイン。学生一大イベントを巡って繰り広げられる恋愛模様なのでした。

 

いやあ…。
ほのぼのするなあ。癒やされるなあ。

岡野ちゃん可愛すぎかよ~。はやく(CV.みにゃみ)でこのエピソードを見たいぞ…。既に脳内再生の準備はできているぜ。

 

、、

、、、

それにしても岡島ァ…!

なに大切なことをバラしてんだこのデコ助野郎…!!
本当にエロくて根性なしで優柔不断で、ついでにスケベといいことねえなあ。バレンタインなのにチョコレートを一つたりとももらえなかったのは、残念でもないし当然。彼らしい最期といえる。
でも好き。神崎ちゃんはなんだかんだ岡島が射止めて欲しいと僕は密かに思っているよ。

 

あー。なんだろうこの不安定な空気感。
きっと、中学3年生にとってのバレンタインって特別なイベントなんですよね。

近づく卒業と受験への不安を背景に繰り広げられる恋愛パートは、どことなく物悲しい雰囲気でした。

 

「渚も受けたいところあるんだよね」
「うん…」
 次第に色濃くなっていく別れの予感に、渚はうつむき加減で呟く。
「…お別れだね、もうすぐ」
 茅野も杉野も口元だけが笑っていた。(暗殺教室18巻「超先生の時間」より)

 

ついに彼らも暗殺教室を卒業するのだなあ…。
 うう…。ウルって来ちゃった( ;∀;)