ときめき、さきわう、

その日のときめき、その日のうちに。アニメ・漫画中心感想ブログ。

「佐倉としたい大西」イベント行ってきました。

中野サンプラザで行われたこのイベント。仙台に住んでるワタクシですが、このイベントのために高速バスを駆使して東京出てきました。

本物の加隈亜衣大西沙織を見たくて「競争率高そうだしどうせ当たらんやろう」と軽い気持ちでイベントに申し込んだら当たっちゃいましたぜ。これにはテンション爆上げ。よっぽど日頃の行いがいいんだネ☆

恒例の自分語り(まったく不要)すると、僕が声優ラジオにハマったのは一年半くらいまえのことで、そのきっかけは「矢作・佐倉のちょっとお時間よろしいですか」という超大ヒットラジオコンテンツだったんですが、その佐倉綾音が出演するこのイベントが僕にとって初の声優ラジオイベントとなったことになんとも言えない感慨に浸っておりました。たった一年半なんだなあ。オタクとして過ごした一年半の時間の濃さに呆れ20%、感謝30%、驚き25%、喜び25%って感じ。すっげえワクワクしながら日曜日(11月27日)の朝からバスに乗り込みます。

仙台着(7時15分発)→(安達太良SA)→(佐野SA)→池袋着(12時45分)→高田馬場(13時15分)→中野(13時25分)→中野サンプラザ(13時30分)

14時スタートのイベントだったのでリスクはあるものの深夜バスではなく朝バスにすることに。貴重な睡眠の質を落とすわけにはいかなんだ。

中野到着。オタクだけど、アイドル系にまったく興味がなかった経緯もあって、なにげに初の中野です。

縦に長い建物。ぶっちゃけあんまりかっこいい感じはしない。

「お前なんぞにこの建物の魅力の何がわかる」という異論反論の一切を甘んじて受け付けます。

 物販も気になりつつもまず着席。あいにくと二階席でした。ド近眼なのでオペラグラスが欲しかった。ここらへんも若干不慣れなオタク感がでるなあ。

客層は女性も一割くらい。WUGのライブと比べるとやや女性比率高いかもしれない。僕も女の子として命を燃やしていたら佐倉綾音大好きだったと思うよ…。

気を取り直して物販に出かけていくワタクシ。

なんかフラワースタンドを見ると「イベント!!」って感じでそわそわするなあ。

そしてどっかで聴いたことのある名前ばっかや…。大西沙織加隈亜衣もそうだけど、佐倉綾音の界隈は熱心なファン多いよなあ。

これが全員オタクか…。ナチュラルにこれ扱いしてしまったのは推敲の段階で気づいた。リアルで声優ラジオ聴いてる人間になんてほとんど出会ったことないけれど、これが全員声オタだと思うと胸が熱くなりますね。

イベント内容のレポはまた別の記事で。